院内コーディネーターについて ○背景について  ○研修について

臓器提供における院内コーディネーターの役割とは

都道府県コーディネーターは、臓器提供施設より「臓器提供のインフォームドコンセント」の依頼を受け、日本臓器移植ネットワークのコーディネーターと共に脳死状態であると診断された患者様の家族に対して、インフォームドコンセントを行うことから、臓器提供施設と関わることになります。

院内コーディネーターの主な役割

院内コーディネーターの主な役割

1) システムの構築
2) ポテンシャルドナーの把握
3) 意思確認
4) 他部門との連携
5) 院内教育・啓発・普及活動
6) マニュアルの作成
7) 学会・研修会への参加
8) 日本臓器移植ネットワーク・都道府県コーディネーターとの連携

院内コーディネーター設置の経緯

臓器提供の場面が進行するにあたり、部外者が院内の調整をすることはできません。また、主治医をはじめ患者が入院しているスタッフは、日常業務があるため臓器提供のみに関わることができません。これまでも臓器提供に関わったスタッフより、病棟にて臓器提供が発生した場合、日常業務に支障があったとの報告がされています。

そこで、臓器提供が発生した場合、主治医や担当スタッフと移植コーディネーターとの調整を行いながら、院内全体の調整を行う、院内コーディネーターの役割が、臓器提供をスムーズに行うことができるため必須であると考えます。

高知県は、臓器提供推進事業の一環として、高知県内の病院に『院内コーディネーター』を設置しています。

現在、県内には30名の院内コーディネーターに、高知県知事より委嘱状が交付されており、臓器提供時の対応に応じています。院内コーディネーター設置をお考えの施設でご不明な点があれば「こちらより」ご相談・お問い合わせください。

高知県臓器移植院内コーディネーター研修会

■平成26年度研修計画
 7月18日(金) *講義「院内Coの方に知ってもらいたい事」
            講師:大阪大学大学院医学医療系
               研究科重症臓器不全学寄付講座  小中 節子 先生

 平成27年
 1月 予定   *講義「臓器提供に関わる医師より」
                講師:未定
          *講義「角膜移植について」
                講師:未定

※交通費…研修案内に添付されている研修出欠用紙に記入し事務局までFAXしてください。
規定額(公共交通期間実費)を支出いたします。交通費領収書発行の際に捺印していただくため印鑑をお持ちください。
※研修内容についての問い合わせ先は高知県臓器移植コーディネーターまで。
※高知県臓器移植院内コーディネーターについての問い合わせ先は高知県健康政策部 医療政策課まで。

HOME|個人情報保護ポリシー|お問合せ|もどる
高知県腎バンク協会
〒780-0850高知県高知市丸ノ内1丁目7-45
総合あんしんセンター4F
TEL088-872-6200FAX088-872-6200
Copyright(C)2017http://www.kochi-jinbank.orgAll Rights Reserved.